アルの犬生日記

Gシェパード・アルと、飼い主・まもの日記

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニー

やられちまいました。

ダニに。

雨の合間にちょっと散歩と思い、小学校外周の最短お散歩コースを。

帰って来て、さて朝ごはん。
アル子、私の前に座り、私のパンを「くれる?」と凝視。
あれ?耳にできものが?

良く見ると
ダニでした。
dani.jpg

マダニだわ。
もー。
でも、まだ付いてから時間はそう経ってないようす。
そこにあった化粧品のオリーブオイルを数滴たらす・・・。
落ちないよ。
あとは、タバコ?
うち、ないし。

仕方なく、引きはがしました。
ごめんよ・アル。
消毒して、ゲンタシン軟膏つけて終わり。

dani2.jpg
ダニさんは、トイレに流され、消えてゆきました。

やっぱり雨上がりは、出ますねー。
スポンサーサイト

ヒナドリ巣立ち(最終回)

昨日、いきなりヒナドリが巣立ちしました。
慌てて写真を撮ったので、写りはよくないかも。

長いです。すみません。

昨日(28日)の朝。
親鳥が、ゆずの木の鉢植えの近くにあるフェンスにいました。
sudati2.jpg

鳴き方が違うので、「もしや巣立ちを誘ってるのかも」と思い、外へ。
近くにヒナはいません。
脚立に登って巣を見ると

あ、飛んだ!

一羽私の目の前で飛びました!
sudati3.jpg
フェンスの下に着地!

sudati4.jpg
母鳥が近くにとまります。
餌を持っているので、ヒナが口を開けるけど、あげないで自分で食べちゃう。
きいー、いけず!
と思ったけど、これもきっと母のムチなんだねー。

sudati5.jpg
こっちのフェンスに来ました。
(さっきのは、隣のおうちのフェンス)
またもや、母鳥は近くに来たり、飛んでいってみたりと、せわしなく動いて、巣立ちを誘い、鳴きます。

sudati6.jpg
バランスを崩しました!
これで持ちこたえられるってのが、すごい。

この子はこの後、更に隣の家のほうに飛んでいきました。

どうやら、私の気づく前に、もうすでに一羽巣立っていたようです。
その前の日の画像
sudati.jpg
三羽いますよね。

さっきの子が行ってしまった後、巣を覗くと、一羽しか残っていなかったです。
nokori.jpg


ヒナ:「あたち、まだ親離れしないもん」
この子はのんびり屋なようです。
この時点で10時。
しかし、お昼になっても巣から出てきません。
親鳥が何度も近くに行って鳴きますが、一向に動かない。
頑固者です。

sudati9.jpg
親鳥、バリケンの穴に溜まった雨水で一服。
親鳥「ああ、疲れるわー」

nokori2.jpg
二時、ようやく巣から離れました。

sudati8.jpg
親鳥も頑張って誘います。
がんばれー!

この子は最初こそグズグズしていましたが、離れるときは一気に行ってしまいました。
ああ、良かった・・・。


そして、巣には最後に産んだ卵が一つ残され・・・。
これって、もう諦めたって事なのかしら?

とりあえずしばらく放って置きます。

それにしても、前日は雨でしたね。
夕方、アルの散歩に行った帰りに巣を見てみたら、親鳥が懸命に巣に覆いかぶさってヒナを濡らすまいとしていました。
まさか、その翌日一気に巣立つとは、私も思いませんでした。
卵から孵ったらあっという間の巣立ちでした。

親鳥さん、ご苦労様・・。

キャンプ

すみません。
キャンプ、といいつつ、全く写真はありません。

今回は、このワンちゃんの家族とキャンプをしました!

aota.jpg
アオタ君です。(男の子)

まだ一歳前のパピーです。
でも、大きいの。
もうちょっと大きくなるかしら?

なぜ「アオタ」、というお名前なのかというと、親御さんのお宅にいたときに呼ばれていた名前をそのままつけているそうです。

一緒にランに行ったのに、画像はなし。
テントも張って、一杯おいしいもの食べたのに、食べるのに精一杯で、やはり画像はなし。
最後の最後に集合写真を撮って、私がアオタ君の写真を撮って終わりでしたー。

このアオタ君、頭の良いワンコです。
ついでに、初めてのアジリティ施設にも平気で乗っちゃうし、度胸もある!
将来有望ですよ!(と勝手に)

キャンピングリゾートWANのドッグランは、テントサイトから歩いてちょっとのところにありました。
隣には合宿施設のような建物があり、中ではスイカ割りやビンゴ大会が催されているようでした。
楽しそうだなあ。

アルは、ランにあったアジリティの施設でちょっと遊んで、あとはボール投げ。
雨が降っているので、アジリティの用具も滑りやすくて怖い感じでした。

お風呂は近くにある入浴施設に行きました。(歩いて3分くらい?)
普段は一泊くらい入らなくても大丈夫なのですが、この日は泥まみれだったので、ありがたかったです。
上の子供二人はお留守番だったので、そのお店で「干しあんず」と「すこんぶ」を買ってあげました。
きっと喜ぶはず。

カイチュは、アオタ君のところのお嬢さん二人と大はしゃぎでテントの中で遊んでいました。
最近のキャンプはいつも、自分ひとりだからつまらないのかも・・・。
遊んでもらえてよかった。


寝るとき、いつまでも雨が大きな音でテントを叩いていて、しばらく眠れませんでした。
でも、風が吹かなくて良かった。
設営するときも雨、そして朝起きてもまだ降り続いていたのですが、撤収作業のときに少しやんでくれました。

雨でも楽しいキャンプでしたー。

遅い夏休み。キャンプでGO

昨日、キャンプに行きました。
旦那が遅い夏休みを取ったので、今回は
キャンピングリゾートWANに泊まってみることに。

しかーし、雨です。
朝から小雨。
とりあえず、五時に起きて、次女のお弁当を作ってから、六時に家を出発!

今回上ったのは「石割山」です。

先日登った「杓子山」のお隣だそうです(旦那談)。
相変わらず、私は山のルートには、あまり関心がないので、「適当に頼むわー」とだけ言っておきました。

isi.jpg
登り始めは300段を超える、石段。急斜面で恐ろしいー!
最初、頑張って数を数えていたカイチュ、150を越えたあたりで舌がもつれ、私にバトンタッチされました。

isi2.jpg

雨のせいで、変な写真しか取れなーい。

isi3.jpg
石割神社です。
この神社の横の大きな岩には割れ目があって、そこを三回回るとご利益があるらしいです。



歩いている間、ずっと雨は降っていました。
が、木々のお陰でそんなに濡れません。
しかし、赤土で足元が泥んこになり、手もドロドロ。

isi4.jpg
到着です。
景色は全く見えません、残念。
このあと、隣の平尾山に登ったのですが、登りは全くなく、下りと平地だけでとても楽でした。

相変わらず「カイチュ大好き」アルは、山登りで頑張って、すべるカイチュを受け止めていました。


isi5.jpg

帰って来て、あまりの汚さに着替えましたとさ。


そして、登る途中、アルがてこずる「根っこだけ出てる」場所を何度かクリア!
横画面です。見づらくてすみません。
これって縦にならないのかな?



この前にあった場所のほうが、余程難しそうだったんだけどなあ。
しかし、そういうときに限って、カメラの存在を忘れてた。

ま、いっか。
山登りの後は、キャンプです!
続く
※昨夜一度アップしたのですが、眠くて色んなところが抜けていましたー。
 なので、改めてアップ。

ヒヨドリパパラッチ

ヒヨドリ、日々成長しております。

昨日hina2.jpg

ちょっと毛が生えました!


そして今日
hina3.jpg

すごい毛が生えてるー!
あんな「棒」だった羽も立派になってるよー。
たまげた・・・。

しかし、三羽の陰に隠れて、卵が見えない。

親は、口から緑色の青虫を何匹もぶら下げて通ってきます。
遠くの電柱に降り、ちょっとずつ近づいてきます。
もし、そのときにアルや私が外にいようものなら
「ちょっとー、あそこに誰かいるんだけどー?」
てな感じで、どこかにいるつがいに怒鳴ってます・・・。

なので、私たちは急いで中に入っている、という次第で・・・。
気が弱い大家です。

ま、私はいつも実家の猫にも遠慮してたからね(布団に入ってくるときに、蹴られ、出て行くときにも蹴られるという、仕打ち・・・。)
巣立ちまでは我慢しますよ。

ヒナ誕生!

おとついあたりから、親鳥が何度も巣を空けるので、気にはなっていたのですが、

昨日またもや親鳥のいない隙に脚立に乗って覗いてみましたら・・・・・。

hina.jpg

生まれていました!
三羽ですねー。
私が写真を撮るために葉を除けると、親鳥が来たと思うのか、懸命に口をあけていました。
ごめんよ。野次馬パパラッチおばさんなのだ。
親が何度も巣を空けるのは、餌を取りに行っていたからなんだー。
三匹だから、その餌の量は大変だろうて・・・。

やはり後から産んだ卵は、まだ孵っていません。

tamago.jpg
これは卵が四つになっていたときの写真です。
時間差で孵ることも計算に入れて生んでるのかな?
一気に四匹生まれたら、しんどいからかしら?


ともあれ、あんなにいい加減に暖めてても、生まれるんだー、というのが感想。
むかし私が一生懸命暖めてもだめだったのに。
(人間の体温では低すぎると、相当後になって知りました)


コレを帰って来た家族に見せると

旦那:「ふーん、本当だ」
鈴:「きゃー、かわいいー!」
春:「・・一羽、もらう?」

でした。

カイチュには理解できないようで
「なに、これ?」
でした。一番ショックな返答だよ!

「あの鳥の赤ちゃんだよ」
と、私がいうと
「違うよ、くちばしだって黄色くないし、毛がないじゃん」
だそうで。


鳥は最初から毛が生えているものだと思っているらしい。
そういえばひよこは生まれたときすでに毛が生えている・・・。
何ででしょうね?
目もね、こんな膜に覆われたのは、不思議に思ったようです。

私も、写真やテレビでは見たことあるものの、実際に見るのは初めてだもんねー。

残暑お見舞い申し上げます

前線が停滞しているということで、今日は午後から大雨だそうです。
今日は曇りベースで、なんともここ数週間の猛暑から比べれば、すごしやすいことでしょう。
犬も人間にも一息つけそうな日ですね。

shochu.jpg

昨日、空にはいい雲が出ていたので、思わずアルをつれて写真を撮りに出ました。
我が家はコの字に曲がった坂の一番下なのですが、この場所はその坂をちょっと降りたところ。

坂を上りきった正面が小学校の裏です。
近いでしょ!

残暑お見舞い申し上げます。

++++++++++++++
ヒヨドリの話。

おとついの朝、アルが庭に向かって吼えたところを見ると、どうやら猫が来たようです。
椿の木の後ろはすぐにお隣との境のフェンスがあるので、そこに上がられてしまうと、もう巣は目と鼻の先なのです。
急いでアルを庭に出し、猫を追い払いましたが、それから半日、親鳥は戻ってきませんでした。
自然界、危険が一杯です。

まだヒナにならない様子です。大丈夫かしら?
恐らく夫婦なのでしょう、大きいのと小さめのヒヨドリが交代に巣の上に座って暖めています。

色々見てみましたが、8月になって卵産むのも遅いようです。
そもそもこんな暑い関東よりも、長野の軽井沢とかに行けばいいのにー。

元の木阿弥

春から頑張ってやってきた『アル強化&重くなるように』訓練・・。

元の木阿弥っぽいです。
ああ、痩せてしまった。
腰の辺りががばっとくぼんでしまいましたー。

あの事件があった日から、ご飯を食べません。
ケージからも出てきません。
あれから散歩は「学校まわり一周」の一番短いコースです。
歩き方は正常なので、恐らく精神的ショックもある?

昨日春ねえちゃんのお友達が来たときは「挨拶をします」と出てきましたが、それだけ。
ダニも移されたようで、しきりに足をカミカミなめなめ。
ああ、もうー。

早く暑いの収まってくれないかなあ?

アル、襲われる

今日、いつものように自転車で散歩をしていての帰り道です。
突然柴犬が襲ってきました。

そこは散歩道で、自転車と徒歩の人だけしか通れない道。
柴犬はそこの脇の水道で水を飲ませてもらっていました。

私は反対側の端っこを通っていたのですが、通り過ぎた途端、柴が大きな声で吼えながら飛び掛ってきたのです。

最初私としてはおしとやかに
「やめてください!」
と言っていたのですが、飼い主夫婦そろっているくせに、全く自分の犬を確保できず。
アルは私がリードを持っているから逃げられず。
その体たらくさに頭にきたので、私は柴を何度か蹴りました。が、全くひるまず。
その根性、ある意味すごいね。
ようやく飼い主がリードを持って引き離しました。

「すみません」
という飼い主に
「リードちゃんと持っていてください!危ないでしょう」
ときつくいい、自転車を止めてアルの怪我の確認。
とりあえず、血は出ていないみたい。
振り向くと、奥さんが
「すみません。持つのが甘かったみたいで」
と笑いながらいう。
この、笑いながら謝られるのが癇に障って
「気をつけてくださいね」ときつめに言った。
しかし、私が前を向いた途端、その女
「うちの子も相当蹴られてたけど」
といいやがった。
もう、完全切れた私は振り返り
「当然じゃないんですか?!」
というと、一瞬びっくりしたみたいで、しかしすぐにまたへらっと笑い
「すいませんでした」
という。

きっと口で謝ればいいんだろうと思っているに違いない。
ああ、腹が立ちます!
私より年上の、しかし10は上ではないだろう、まだ老年とは行かない夫婦。
もしここに、子供でもいたら、どうなっていたかとか、考えないのか?

その後、念のために自転車を押して歩かせ、アルの歩くのを確認したけれど、異常はなさそうだった。
でもしばらく様子を見ようと思います。

ヒヨドリ来訪ーその2

ヒヨドリ、今日留守の間に巣を覗いてみたら、卵が一つ増えて、四つになっておりました!

そんなこともあるんだねー。

大体10日から15日くらいで孵化するという話なので、最初に記事を書いた5日から数えると、そろそろ雛が孵る頃かと思われます。

そして、よそ様のブログにヒヨドリの巣立ちまでの日記があり、雛が孵ってから一羽落ちて死んでしまったとありました。防止のため、そのうち「プチプチ(なんと言うんだっけ。エアークッションだ)」を巣の下に設置してやろうとおもっております。

思えば7年くらい前、落ちた四十雀を巣立ちまで育てたのですが、大変でした。生餌というのが面倒くさく、インコがなんと楽に思えたことか。
落ちてくれるなよ、雛よ。

アイスの日

今日は私の誕生日でした!
とうとう大台に突入です。
全くメデタイ気がしません(涙)

昨日、いきなり「サーティーワン(31)」のCMを観てたらアイスが食べたくなり、長女と一緒に散歩を口実に近所のアウトレットモールへ。
harual.jpg

二人して、ハーゲンダッツのアイスを食べてきました、うふふ。
もちろん、アルにはありません。
だって、コーヒー&チョコだったんだもん。
いやはや、長女に買いに行かせたのですが(ショップは2Fの映画館にある)、こんな甘いもの買ってきやがってー!
そもそも、年に何回かしか、アイスを食べたくならない私としては、普通のバニラでよかったのにー。
胸やけしたので、帰ってから口直しにチューハイ飲みましたとさ。


その夜のアル子。
いつもなら呼んだら目だけでも開けるのに、この日は爆睡。
アイスの夢でも見てるんでしょうか?
ice.jpg

+++++++++++++++++
ヒヨドリは、まだ卵を温めています。
今日、リビングの網戸と窓を掃除したのですが、全く動じません。
一瞬「死んでるんじゃん?」とも心配しましたが、生きてるようです。

ハンスト(パンストじゃないよ)

体重が39.5キロになってたー!

って、記事を書いた後から、アル子が食べなくなった。
え、もしかして、自主的ダイエット?
と思いきや、振り返ると夏は食が落ちるのだった。

今まではただでさえ痩せていたのを、食べないことにより更に痩せる、という悪循環だったけど、今年はいつもより貯金があるか私もらちょっと精神的に余裕がある。
食べないのねー、と思って、ちょびっとニュートロを減らし(カップ一杯くらい)、そしてちょびっとアズミラを増やした(カップ半分くらい)ら、途端に便が緩くなる・・・。
やはりあの黄金比を変えてはいけなかったのか。

お皿を出したとき、嫌味のようにケージに入る。
ため息までつく。

こんな犬、いないよ?
普通は飼い主突き飛ばす勢いで来て、ガンガン何でも食べているのが犬だと思っていた。

こいつ、なんだろ?
でも、いいもん。

明日の朝になって食べてなかったら、捨ててしまおう
と、思い床に付くと
翌朝お皿は空っぽ。
という日が。
(ときどき、そのまま残ってる)

もう、フードジプシーに戻るつもりはないので、このフードで通すと決めています。
運動させれば、腹も空くでしょ。。


+++++++++++++++++
ヒヨドリの話。

今日、珍しく母鳥が一日巣に座っていました。

すると次女
「昨日卵を冷やしちゃったからかな」
と心配顔に

いや、冷やした(巣にいなかった)とういうのは、例えば食事に行ってたとか。
「大丈夫だよ」
というと
「まさかいるとは思わなかったんだもん」

は?

話を聞いたら、昨日次女は鳥がそこにいるの確認せずに脚立に上って巣を覗き込んでしまったという。
「びっくりして逃げちゃったんだ。でも戻ってよかった」
そうか、そんなことが。

それにしても、母鳥、そんなニアミスがあったにもかかわらず、また来て卵を温めていたんだね。
すごいなあ。

次女は、自分のしてしまったことをすごく反省し、小鳥が生まれるのを楽しみにしている。
大丈夫でありますように。

ヒヨドリ来訪

一週間前から、やたらと我が家の椿の木に、鳥が来るなあと思っていた。
でも、今椿の木にはたくさん種が付いているので、それを食べにきているのかなあ、なんて呑気に思っていたら。

巣を作っていました。
昨日、巣に座っていたので、リビング越しに写真を撮ってみましたー。
hiyo1.jpg

この写真をもとに、家にあった鳥の図鑑で調べたら、ヒヨドリと判明。

ネットで写真を拾ってきました。
hiyo2.jpg
そうそう、これこれ。
ほっぺたの赤と、頭のてっぺんのささくれ具合がそのものよ!
そのページの紹介には
『冬に渡りをする中型の鳥  夏は北に帰る。
しかしいくらかは留鳥となり年中見られる。
人懐こい鳥で人に良く慣れて近寄ってくる。
雑食性で野菜まで食べる。
時により害鳥になるが憎めない鳥だ。
ピーヨ ピーヨと鳴きすぐわかる
初夏の早朝には良い声で夜があけた!朝になった!とさえずって回る。』


と。そうそう、朝からうるさいんだよね、この鳥。
殺されそうな声で鳴くんだー。

定期的に私たちが庭に出ているから、もう来ないかと思いきや、あまり頓着しないらしい。
なので今日、お出かけ中を見計らって脚立であがって巣の中を覗いてみた。
hiyo3.jpg
卵が三つ!
いやーん、ひとつ盗みたい(どうする気だ)!

とりあえず、そのままにしておいて、雛が孵るのを観察しようと思います。

しかし、この距離の近さで、巣を作るって、本当に人なれしてるのねー。
hiyo4.jpg

木の所々に見える丸い物体は、椿の実です。
tubaki.jpg
この花が咲くの。
毎年種は十個くらい出来る(汗)
その中に種が4~5個入っているのです。

はてさて、卵は無事に孵るのでしょうか?
またリポートしますねー。

すごい人

昨日、動物病院に行った。

以前頼んでいた「合同譲渡会」のチラシをおいてくださると先生がおっしゃってくださったので、それをお願いしに行きました。

行くと、先客。
アルは今回関係ないので、外につないで待たせて。

私だけ涼しい待合室に。

先客の上品そうなおば様は、小型犬を大事そうに抱いていらっしゃった。

診察が始まると、先生、まず腹囲を測る。
そして「増えてますね」、と言い、「脈が弱い」、とも・・・。

もしかして、そのこは妊娠???
脈が弱いって、危ないの?!
うわー、生まれる?と思ってハラハラしてみていたら先生、おもむろに
「それで、今日は何食べちゃったんですか?」
と聞き、そのあと
「え?マフィン?」と困ったような声で。

あれ?なんだか、雲行きあやしいぞ。

そして盗み食いをして困ると、飼い主さん。
もしかして、妊娠じゃないの?
マフィン食べたって、犬が食べられるところに食べ物置いてたの?
そんなお腹の犬なのに?!

そして「頼まれていた物が届きました」と出されたのが、おやつクッキー。
たぶん低カロリーのものなのかも。
そしたら飼い主さん
「これは一日何グラムあげたらいいですか?」

そこで私は「は?」と思った。
おやつだもん、あげなくってもいいんだよ。

そしたら先生も、そんなようなことをおっしゃって、色々と注意をしていた。
獣医さんて大変だなあ。

待合室に戻ってきたので、改めてワンコをみると、かわいい顔で私を見上げている。
ああ、この顔にやられちゃって、飼い主さん、上げちゃうんだろうなー。
おやつなんかよりも、一緒にボールで遊んであげたほうがどれだけこの子のためになるのかもしれないのに。
お腹は、もう生まれますって感じ。
立って歩けないのではないだろうか?現に椅子に座っている。
かわいそうに。

そのうち、餌の話になる。
カロリー落としたフードを食べているらしく
「最初は食べなかったけど、今はぺろりと平らげて、もっとくれとせがむんです。足りないんでしょうね」
餌をせがまれるのが、よほど嬉しいらしい。楽しそうに話す。
そこで私はピピッと来た。
この人、きっと倍量くらいあげてるな。
先生もたぶん察したのかも。
案の定、注意の檄が飛んだ。
「あのね、犬は与えれば与えただけ食べますよ。ちゃんと規定量上げていれば足りないなんてことはないんです。」
声がちょっと怖いー。
でも、そのおばさま、先生の声のトーンが変わったのに、気づかない様子で、お薬をもらったら帰っていった。たぶん、この人は変わらない、と思った。
隠れてでもずっと上げるんだろう。

ある意味すごい。
あのおばさん、自分が変わらなければ、あのワンちゃんが死んじゃうって、わかってないのかな?
脈が細いって、もう相当だと思うけど。

かわいい真っ黒な濡れたお眼眼で見上げてくる顔が、印象に残った日でした。


昔の写真

昨日、成犬譲渡の会の方から
「昔の写真が出てきましたので、送ります」
と、以下の写真を同封していただいた。

al1.jpg
この写真でお分かりのように、他の兄弟は私たちのところへ愛想よく来るも

アル、全く私たちに興味なし。

寄っても来ません。
で、壁によっかかって覚めた目で見てたし。

al2.jpg

私の指定で、出されました。
この写真は、他の兄弟。
たぶんアレックス姉ちゃんかと。
他の兄弟「あ、なんでお前が出されてるんだよ、いいなー」って感じ?
アル、このときもマイペースに床のにおい嗅いでます。我関せず。
そしてこのとき、冬ですよ。
画面右側搬入口がドカーンと開いてて、冷たい風がビュービュー吹いてきてました。

al3.jpg
仮出所決定犬。
アル、この眼よ、この眼。
「悪」って感じでしょう?
右はアレックス姉ちゃんの気がする。

このときは三匹出してきました。
あとでもう二匹だして、全ての犬を救助しました。

al4.jpg

あの目つきがこの目つきに。
だらけすぎ。

ありがとう!

カウプレ石鹸置き終了

次回も突然始まりますので、ご油断めさるな!

プロフィール

まも

Author:まも
HP
「MAMO-MUCHO」


いらっしゃいませ!ウシのようなGシェパ、アルの日記です。
家族とのこと、キャンプのこと、そして時には救済犬の事など。

家族構成
まも:ブログ管理人。
スパルタ大佐:まもの旦那。体育好きな中年
春 :長女。都内の大学1年生
鈴 :次女。都内の高校1年生
カイチュ:長男。小3のダメチ●男
アル:まも家ペット。多分、犬

最近の記事
お友達
最近のコメント
RESCUE!

非営利で動物の保護・里親探しをされているサークルさんです。


☆保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
(アルもココから来ました)

☆保護猫さんのご縁探し
(タマママさんの里親募集猫)

アウトドアを安全に

正しい知識で楽しいアウトドア

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。