アルの犬生日記

Gシェパード・アルと、飼い主・まもの日記

07月≪ 08月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てる人、拾う人

最近、巷で「保健所に犬を殺された」と殺人を犯した男性のニュースがありましたが。

事実保健所では、毎年ものすごい数の犬が殺されています。

じゃあ、その男性のように
「保健所があるからいけない。保健所を無くせ」という考えになるのかといえば、NOです。

なんで保健所があるのか、なんで犬の殺処分をしなくてはいけないのか。
それは、私たちのためでもあるのです。

例えば野良犬が増えたら
病気が蔓延します。
例えば狂犬病に感染した犬が人を噛んだら?
その犬が他の犬を噛んだら?
野良犬は毎年繁殖し続け、増え続け、群れていずれは私たちの生活を荒らすようになるでしょう。

ある意味、保健所はそういう危険から私たちを守ろうとしてくれているのではないのでしょうか
とても「保健所を無くせ」とはいえません。

じゃあ、「殺すな」はどうですか?

先日あるテレビ局で放送され、話題になりましたが
あまりに人間的に未熟な大人が多すぎる。

犬はおもちゃでもぬいぐるみでもありません。

噛むようになったから捨てる

飽きたから捨てる

大きくなったから捨てる

糞尿をするから捨てる


生き物だったら大きくなるのは、排便するのは当然じゃないの?

しかも、犬はしつけをして始めて「犬」になるんです。
なにも教えなければ何もしません。
噛むのも、吼えるのも、きちんとやめさせればいいんです。

よく、犬を見ると「お手」とする人が居ますが、お手すら、教えなければしません。
(ちなみにうちの犬は他人に怪我をさせないように、とお手は教えていません。)

犬を育てる、教える、というのは時間がかかります。
何度も繰り返して根気良くやらなければいけません。

本で見た都合のいい文句と、知識で犬を飼って捨てる、そんな人たちが保健所の殺処分頭数の一端を担っているのですよ。殺すな、ということは、死ぬまで(保健所で)餌を与え続けろということです。
それは結局はみんなの税金から出てゆく金なんじゃなかろうか?
殺すなって言ってる人たちはそこまで考えていってるのかしら?

時折、自分勝手に捨てるそんな人を見て、自分たちのしていることにむなしさを感じることはありますが、そんな犬をもらって一生面倒を見て下さる、という方々に倍以上の力をもらって、活動しています。

だって犬は悪くないんです。

前にも載せましたが、引き出してきたばかりのうちの犬と、現在のうちの犬です。
hokenjoal.jpg
senro.jpg
当たり前ですが、何も出来ませんでしたよ。私を見もしないし。
来月で4年たちますが、今は大抵の言葉を理解しているようで、私の機嫌が悪いとヒッソリと気配を消します。いわゆる、「空気を読む」というやつですね。

現在の里親さんの許可をもらっていないので、載せられませんが、毎年送ってくださる写真には、引きだした頃の痩せぎすで神経質だった面影など、どの子にもありません。

捨てる人が減って、もらってくださる人が増えたら、殺される犬も減って行くのになあ・・・。
と、単純な私はそう思うのです。

ああ、久々に毒を吐きました。
コメントを閉じます。
スポンサーサイト

ありがとう!

カウプレ石鹸置き終了

次回も突然始まりますので、ご油断めさるな!

プロフィール

まも

Author:まも
HP
「MAMO-MUCHO」


いらっしゃいませ!ウシのようなGシェパ、アルの日記です。
家族とのこと、キャンプのこと、そして時には救済犬の事など。

家族構成
まも:ブログ管理人。
スパルタ大佐:まもの旦那。体育好きな中年
春 :長女。都内の大学1年生
鈴 :次女。都内の高校1年生
カイチュ:長男。小3のダメチ●男
アル:まも家ペット。多分、犬

最近の記事
お友達
最近のコメント
RESCUE!

非営利で動物の保護・里親探しをされているサークルさんです。


☆保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
(アルもココから来ました)

☆保護猫さんのご縁探し
(タマママさんの里親募集猫)

アウトドアを安全に

正しい知識で楽しいアウトドア

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。