アルの犬生日記

Gシェパード・アルと、飼い主・まもの日記

09月≪ 10月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まも、覚悟する(不発)

実は、今日私は覚悟を決めて医者に行った。

一ヶ月ほど前から、体に赤い湿疹が出来ていたのだが、それがどんどん広がっていたのである。
昨日、友達にそのことを話すと
「肝臓疾患とか、白血病の人もそういう湿疹みたいなの、できるらしいよ」
との爆弾発言が飛び出す。

もうその時点で私の中では庄司さんの
「これが病の最終警告だったのです」
というナレーションが響き渡った。

最初に内科に行く。
症状を説明し、シャツをめくって血液検査をしてくれ、と頼むと・・・。
「そういうふうにすぐに内臓疾患を疑われる方が多いんですが、まず皮膚科に行ってください」
との冷たい言葉。
女医さんなんだけど、このときばかりは心底冷たい女だと思った。
仕方ないので、30メートルほど離れた皮膚科に行く。
ここは長女がアトピーでかかって、長男は水いぼや飛び火で何度もお世話になっている。

皮膚科とか、正直言って私は架かることはないだろうと思っていた。
だって、塗装の後、シンナーで手を洗っても全然平気な女なのだ。
ちょっとショックだった。

入ると、先生はますます興味深い外見になっていた。
数年前が最後だったけれど、そのときより髪は伸び(男性です)、肩の上まである。
変だけど(おい)、すごく腕はあるので症状を説明する。
と・・・・。

「ジベルばら色粃糠疹ですね」

即座に答えが帰ってきた(さすがだ)。
症例が写真で載っている本も見せてくれる。
ああ、これかも。
ただ私のは軽いほうらしい
(私は赤い、ジンマシンみたいなのだけ。ひどいのになると、中心が白くなっている)
原因は不明。
最近は感染症らしい(他の人にはうつらない)とは分かってきたみたい。
謎に包まれた病気だって。

副腎皮質ホルモンを処方してもらって、帰ってきた。
対処法は分かっているらしい。
ますます不思議。

一時は肝臓、腎臓か白血病か、と震え上がり、覚悟までしていた私。
(私の実家の家系は女も男も酒飲みで、ほとんど肝臓をやられて身罷っている)

帰り道は呑気に洗剤を買って帰った。

内科の先生、冷たい女って言って、御免。
あなたは正しかった・・・・・。
早とちりのおばさんより・・・。
スポンサーサイト

コメント

な、なんか難しい名前の病気だったのね。。
薬でちゃんと治るんだったらよかったね
病気だけじゃなくて他の物事でも最悪のことを考えて覚悟していると、あんなに思い悩んでたのは何だったの?というくらい結果はあっけない時ってない?私は時々あるよ~。ズッコケそうになるね。
私も皮膚科なんて若い頃ニキビに悩んで行ったくらいだなぁ。
ともあれ早く治りますように!

湿疹が広がったりすると不安になりますよね。
大袈裟に言ってくる人は確かにいますが、
やっぱり病院に行くのが一番ですよね。
内科の医師は的確なことを言ったんですね。
でも、冷たく言わなくてもいいですよね~。
その病気は聞いたことがないです。
早く治るといいですね。お大事に!

>ジベルばら色粃糠疹
なんだか少女マンガの美少女がかかりそうな病名ですが、原因が不明だなんて。
でも、軽度&薬で治るとのこと、東海林さんの登場するような悲劇的な様相でなくてよかった。

★ レブンママへ

ね、難しい名前でしょう?
は?とか聞き直しちゃったよ。
でも、色んなサイトをめぐっていたら
「クリニックショッピング(転々と病院を巡る)をする人がもっとも多い病気」って書いてあった。
最初の病院で病名が分かった私はラッキーです。
さすが変な髪形の先生。(関係ないか)
うん、ずっこけました。

レブンママ、にきびに悩んだ時もあったのねー。
若いって、いいよね(しみじみ)

★ アントン父様

本当に世の中はたくさんの病気がありますね。
未知の世界です。
なんで医者が色んな専門に分かれているのか、判った気がします。
病名全部憶えられないからです(それは違うか・・)

でも、副腎皮質ホルモンで治るような程度でよかったです。
内科の女医先生は、以前子供のジンマシンでかかったときに「犬は人にあげられないのか?だったら外で飼え」と言われてから、ちょっと嫌いなの。

★ soraieさま

本当だ。ベルバラに響きが似ているんですね!
言われて初めて気づいた!
じゃあ、私はオスカルで(違うか)!

ジベルさんて方が最初に発見したそうです。
原因も不明、まだまだ分からないことダラケの病気らしいです。
でも治療法はある。良かったです。

ほんとだ…ベルばらが中に隠れてる!
うちも父が喘息で「犬は飼うな」と言われたよ。
それを他の人に話したら「今時そんなこと言う医者いるの?」と驚かれたけど…
いるよねー!!
お大事に。早く治りますように。

★ ちょきままへ

びっくりしました。ベルばら(爆)
いやあ、なんだか仰々しい名前だなあって思ってたのさ。まさかフランス王国が絡んだ病気だったとは(ないない)。
体の下はすごいんだけど、腕や足には出てないの。ビキニ来たら見えちゃうから、今年は諦めるわ(ヒヒヒ)。
ジベル・・・汎の大きさは親指と人差し指で丸を作ったくらい。ただ赤いだけで、かゆくも無いのよ。でもそれが日に日に増えるから、恐かったよー。
医者、そうなのよ。嫌いなんだけど、そこくらいしか行く内科がない・・。
喘息=動物を排除しろ、なんだよねー。

★ うちの娘も・・・

こちらでは初めまして
まもさん!うちの娘が保育園時代にかかりましたよ!
ちょうど夏だったんですが、きれいにTシャツと短パンで隠れる範囲で
全然かゆくならないんです。
皮膚科に行ったら「1ヶ月たったら消えますよ~」って薬ももらいませんでした。
勤め先の保健室の先生に話したら、
珍しいから実物見せてくれって言われちゃいましたよ。
いやぁ~、なんだか興奮しちゃいました。

★ りんmamaさま

いらっしゃいませ!
え?お子さんが?
それって儚い美少女がかかる病気ってお医者さんが言ってた(ウソウソ)!

うん、お話しから考えると、多分同じですね。
一ヶ月で治ったのですか?いいなあ。
私はどんどん増えたってことは治癒力が追いつかないってことかしらん?
めずらしいって言われたんですか?
私も誰かに見せて欲しいって言われるかしら?

★ わたしも・・・

「ベルばら?」「しっしん?」(笑)と・・・・
ちがうのね(笑)
この時期、私も体が重いですわ。

★ しのぶさんへ

しのぶさんも体調わるいのですかー?
なんか、梅雨時って調子悪くなりますよね。
お大事にね・・・。

ベルバラ・・日本人にしか受けない病名だよね。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

ありがとう!

カウプレ石鹸置き終了

次回も突然始まりますので、ご油断めさるな!

プロフィール

まも

Author:まも
HP
「MAMO-MUCHO」


いらっしゃいませ!ウシのようなGシェパ、アルの日記です。
家族とのこと、キャンプのこと、そして時には救済犬の事など。

家族構成
まも:ブログ管理人。
スパルタ大佐:まもの旦那。体育好きな中年
春 :長女。都内の大学1年生
鈴 :次女。都内の高校1年生
カイチュ:長男。小3のダメチ●男
アル:まも家ペット。多分、犬

最近の記事
お友達
最近のコメント
RESCUE!

非営利で動物の保護・里親探しをされているサークルさんです。


☆保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
(アルもココから来ました)

☆保護猫さんのご縁探し
(タマママさんの里親募集猫)

アウトドアを安全に

正しい知識で楽しいアウトドア

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。