アルの犬生日記

Gシェパード・アルと、飼い主・まもの日記

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の傷

昨日、カイチュのプールに行った。
そこで同級生のRちゃんのママにドッグランでの愛犬の様子を相談された。
相談したのではないのか、ただの愚痴だったのか?
まあ、いいや。←おい

彼女の愛犬はパピヨン。放棄犬だった。
二年前、ある救助サークルからもらった茶白の女の子。
家では落ち着いているらしいのだけど、散歩に行くと他の犬に吼えまくるらしい。
アルも吼えられたことあり。
(空気が読めないアルは、それでも遊ぼうとしてたけど)

ドッグランに行っても、飼い主さんの足の間に入ってしまって動かないそうだ。
ボール遊びも、家ではするのに、外では全くしないらしい。
「パパが走れば付いて走るんだけど、ドッグランなのに人間走ってどうすんのよ」
と、彼女は言う。
いやいや、彼は身をもって遊び方を教えているのだ。気高い男だ!
さすがダルビッシュ+新庄÷2だ!(似ているのだ)←当てにならない
なにか、ランには彼女を恐がらせる原因があるんだと思うけど、放棄犬の場合それを知ることはまずできない。
そこらへんが放棄犬をケアするときに一番気を使うところなんだよね。
ゆっくり、時間をかけて家族の一員として安心させてやれば、いつかはきっと治るはず。

うちのサークルでも、その犬の過去を知ることができるのはほんの数例だと思う。
まず山に捨てられていた犬だったら無理。
飼い主が置いてゆく際に事情を話して行ったケースのみ、保健所職員さんから聞くことができるけど、まずそんなケースは多くはないし。

放棄犬は、私達の想像も付かないところで、いろんな虐待を受けてきている。
繁殖させられ、捨てられる。または、そこらへんに置いてゆかれ放浪していたときに受けた、心無い人からの虐待。
犬にも寄るだろうけれど、人間を、新しい飼い主を信頼し、安心して暮らせるまでは無償の愛を注いでやらなければいけないのかもしれない。
こう書くと「溺愛=無償の愛」と思われる人もいるかも。
いや、しつけも愛情だから。ダメなときは真剣に叱ろう!
その愛情に裏付けられた真剣なしつけも犬には信頼できる条件なんだ!
(と、世界のまも、思います)←ウメザワか?

でもその大変さを知って、それでも放棄犬を飼ってくれるという人は素晴らしいです。
尊敬します!

頑張れ、N瀬家!
頑張れショコラ!
強調文
スポンサーサイト

コメント

きっといろいろな過去を背負っているんでしょうね・・・
心に傷を負った子を治すのは大変ですよね。
地元のお知り合いのシェパさんもそうなんです。
心に傷を負っており、何かある度に相談されるのですが・・・自分にはそのような子を育てた経験が無いんですよね。
的確なアドバイスができません。
やはり無償の愛なんでしょうね、一番必要なのは!

★ 兄貴へ

何がその犬の傷になっているのか分かりませんよね。
私の場合は、とにかく私達が犬にとって絶対に無害だという事を分かってもらえるように接し、最初はあまり干渉しないようにして、そして少し慣れてきたら家族で一緒に楽しいことやってあげていました。
何があっても自分達だけはあなたの味方だよって、思って世話してました。

大型犬は頭が良いので、その分、心の傷が深いかもしれません。
虐待をされていたのだとしたら、大きいからこそ、その度合いも残虐さも強かった可能性もあります。
そのシェパさんも早く新しい飼い主さんとの絆を作れたらいいですね。

今日、「ペットショップが潰れるので犬をタダでもらってください」というような旨のチェーンメールが友人から流れてきました。私は、ペットショップはそんなことをするわけない(処分手段を別に持っているはずだから)、と知っているので引っかかりませんでした。
しかし、回した皆は「一大事」と思って、できるだけたくさんの人に殺されるかもしれない(実際「保健所で殺されてしまう」と書いてあった)犬をもらってもらおうと回してる・・。みんなの親切心を逆手にとって、卑怯極まりないですよね。こういうのを最初に流す人って、どういう神経なんだろう?
ということで、今日もまもはプンプン!です(笑)

動物の心は本当に純粋です。
そしてその動物の心を純粋に愛する方々の心をもて遊ぶなんて・・・
そんな心をもてあそぶようなペットショップの行為は許せないですね。
兄貴もプンプン!です~!

保護ワンコって今までどんな暮らししてたかわからないもんね。
その分、ワンコによっては大変こともあるけど、
変わっていく姿は嬉しいし、育て甲斐はあるかもしれません。
1頭でも、たくさんのワンコ幸せ掴んでほしいですよね!

★ タマママへ

ちゃんと接していれば、犬もちゃんと心を開いてくれるようになりますよね。
それがやはり、犬によって時間は異なるから、「どれくらいしたら」というのは言えないけれど・・・。
私のところに来てくれた犬達には、この家が安心して眠れる場所になってくれたらと思います。
悲しい犬がいなくなる日って、来ないのかしら・・・?

★ 安住の地を…

この手の話になると、胸が苦しくなりますね。。。
ワンコは口がきけませんから。
我々の想像を絶するような経験をしてるかもしれません。
ただでさえ、飼い主と別れるだけで辛い思いをしているのに。
ショコラちゃん(?)もはやく落ち着くといいですね。
これから、たくさんの幸せが待っているんだもんね♪

★ nobiさま

ショコラはあれで結構幸せだと思うです。
なので、N瀬家の相談の半分は「ノロケ」かと思う(爆)
それにしても、田舎のほうのサークルさんになると、仔犬が多いよねー。
多分半放し飼いだから生まれちゃうんだろうな・・・。
里親探しサークルさんと保健所のつながりみたいなの、もっと取れたらいいですねー。

そうですよね、過去の原因はわからないんですよね。
でも、時間をかけて愛情をもって毎日暮らしていれば
きっと良い方向に向かうと思いますよ。
ランでも他犬に対してもきっと良くなると思います。

★ アントン父さま

うおー、いいこと言うよ、アントン父様!
って、まも又もや飲んだくれてます。
こんな状態でコメント返しでいいのか、私。

それより、そう。愛です。愛。

やはり最後は愛だと思う。
塚ファンではありませんが・・・。
どんな子だって「わが子は可愛い!」という親バカが勝つんだと思う。
うちの犬も色々足りない面はあるけれど、やはり可愛い・・・。

でも、ランて色んなにおいもするし、嗅覚鋭い犬達には厳しい場所なのかもってちょっと考えちゃった・・。

コメントの投稿


管理者にだけOK

トラックバックURL

ありがとう!

カウプレ石鹸置き終了

次回も突然始まりますので、ご油断めさるな!

プロフィール

まも

Author:まも
HP
「MAMO-MUCHO」


いらっしゃいませ!ウシのようなGシェパ、アルの日記です。
家族とのこと、キャンプのこと、そして時には救済犬の事など。

家族構成
まも:ブログ管理人。
スパルタ大佐:まもの旦那。体育好きな中年
春 :長女。都内の大学1年生
鈴 :次女。都内の高校1年生
カイチュ:長男。小3のダメチ●男
アル:まも家ペット。多分、犬

最近の記事
お友達
最近のコメント
RESCUE!

非営利で動物の保護・里親探しをされているサークルさんです。


☆保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
(アルもココから来ました)

☆保護猫さんのご縁探し
(タマママさんの里親募集猫)

アウトドアを安全に

正しい知識で楽しいアウトドア

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。